解体工事の現場で問題になっているアスベストは発がん物質です

SITE MENU

powered by 撮影スタジオ.jp

解体工事の関心情報

解体工事の関心情報メイン画像

解体工事の現場では、現在もアスベストの問題が深刻になっています。アスベストは1960年代によく使用された発がん物質を含む建築材料です。

解体工事の現場で問題になっているアスベストは発がん物質です

解体工事の現場で問題になっていることとはなんでしょう。

解体工事の現場で一番問題になっていることは何かというとアスベストです。

アスベストがなぜ問題になっているのでしょうか。

そして、アスベストとはどんな物質なのでしょうか。

アスベストとは、鉱山で採掘される物質で、ケイ酸塩を主成分とする繊維状の鉱物です。

このアスベストは、耐熱性、保温性、防火性、防音性、耐磨耗性などに優れています。

また、糸状や布状などに加工しやすい物質であり、建物の建築材料として使われてきました。

しかし、1960年代に、アスベストが原因となる肺がんや中皮腫の発生が確認されるようになります。

日本では1975年にアスベストの使用が禁止されるようになります。

日本ではアスベストを含んでいる建物は現在でも多く存在していて解体工事の現場だけではなく、学校などの多くの場所で問題になっています。